会社設立の記事一覧

海外起業で成功するには?メリット・デメリットや使える融資制度 会社設立

海外起業で成功するには?メリット・デメリットや使える融資制度

ビジネスアイデアや税金などを総合的に考慮した結果、日本ではなく海外での起業を志す方も増えてきました。海外起業で成功するには、日本とは異なるポイントを押さえつつ、海外で起業する目的を明確にするのが大切です。 当記事では海外起業のメリット・デメリットや成功するためのポイント、海外起業・事業拡大で使える融資・補助金制度などを解説します...
株主総会とは?目的・種類・決議事項などをわかりやすく解説 会社設立

株主総会とは?目的・種類・決議事項などをわかりやすく解説

経済ニュースや新聞などで、株式総会という言葉をよく見かけると思います。株式総会とは、会社法において定められた株式会社における重要な機関です。とくに今後、株式会社の経営をお考えの方は、株式総会については必ず知っておきましょう。 当記事では株式総会の目的や種類、決議事項、決議の方法、株主総会の主な流れなどの基本的な部分をわかりやすく...
会社を「創業」「設立」どっち?税金の種類と役員報酬もレクチャー 会社設立

会社を「創業」「設立」どっち?税金の種類と役員報酬もレクチャー

会社を「創業する」と「設立する」。何気なく使っている言葉ですが、実はこの2つが違うことをご存知でしょうか。似た言葉ではありますが、創立費と開業費は、明確に区別されています。 また、会社を始めると、税金の種類が多岐に渡ります。役員報酬という考え方も、会社ならではですね。今回は、会社の創業と設立の違いから、会社が支払う税金の...
資本準備金とは?資本剰余金との違いや積立のメリットを解説 会社設立

資本準備金とは?資本剰余金との違いや積立のメリットを解説

資本準備金(しほんじゅんびきん)とは、企業の万が一のときに備えるために、会社法で積立が義務付けられている資本です。資本金よりも積立や取り崩しが容易であるため、さまざまな状況に対して柔軟に対応できます。 当記事では資本準備金の概要や資本剰余金(しほんじょうよきん)・資本金との違い、資本準備金のメリット、積立や取り崩しの方法などを解...
社長の給料はいくらにする?報酬相場や決め方、NGな方法を徹底解説 会社設立

社長の給料はいくらにする?報酬相場や決め方、NGな方法を徹底解説

自分で起業した場合、社長であるご自身の給料額をいくらに設定すればいいのか悩むでしょう。あまりにも少ないとモチベーションが上がりませんし、高すぎても会社の経営を圧迫することにつながります。 この記事では社長の給与相場や具体的な決め方を紹介。社長の報酬額は設定したら1年間は基本的に変更できません。注意点もおさえたうえで適切な金額設定...
経営者の仕事は何?主な業務や社長のなり方、知っておくべき知識とは 会社設立

経営者の仕事は何?主な業務や社長のなり方、知っておくべき知識とは

会社経営者と聞くと雲の上の存在に感じられ、どのようなことをしているのか詳しく知らない人もいるでしょう。一方で、働き方改革などの影響で起業が増え、急に自分が経営者になることも。 簡単に会社経営者にはなれますが、事業に真剣に向き合う姿勢が重要です。ここでは経営者の仕事内容や会社経営者になる方法、社長を目指すなら学んでおきたい資格につ...
経営相談に最適な相手と相談時の注意点とは。どんなことを相談する? 会社設立

経営相談に最適な相手と相談時の注意点とは。どんなことを相談する?

トップマネジメントに携わる人は孤独になりやすいもの。特に経営に関する決断や相談事は、プライドや重大さから相談することを躊躇してしまう人も。 しかし、自分だけで抱えていても好転することは少ないです。知識を持った人に相談することで道が開けることもあるので、経営相談をできるようなパートナーを見つけることは大切。 ここでは経営相談...
個人事業主と法人、どちらで起業する?違いとメリット・デメリットとは 会社設立

個人事業主と法人、どちらで起業する?違いとメリット・デメリットとは

個人事業主と法人、近年耳にすることが増えてきたフリーランスは、違いがわからず混乱してしまうことのある名称ではないでしょうか。働き方改革やテレワークの推進の影響で耳にすることの増えた3つについて詳しく解説します。 個人事業主と法人のそれぞれのメリット・デメリットや、法人化するベストなタイミング、法人化する際に意識しておきたい注意点もお...
個人事業主が法人成りするのに最適なタイミングとは? 会社設立

個人事業主が法人成りするのに最適なタイミングとは?

個人事業を法人化することを「法人成り」といいます。しかし、どんなタイミングで法人成りすべきかを悩む人もいるでしょう。ですが、法人成りするタイミング次第では損をしてしまうこともあります。個人事業が拡大し、個人事業主としてある程度の売上をあげ、節税効果を求めて法人成りを検討している人は、ぜひ参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました